2007年09月05日

Breaking Back

blake book

好きなテニスプレイヤーをあげろと言ったら、両手じゃとても足りない。
その中で5本の指に絶対はいるのが、ジェイムズ・ブレイク。
(トップはもちろんフェデラー様)
その彼の本なり。
よんちゃんのご主人のジョンが貸してくれて、さっき読み終わった。

ご存知の方も多いと思うけど、数年前に練習中にネットポストに激突して首の骨を折り、九死に一生を得る。
父親の死を乗り越えて、トーナメントに復帰するも、
今度は帯状疱疹により、顔面の左半分がまひ。
戦線離脱を余儀なくされるが、その後奇跡のカムバック。
昨年は自己最高の世界ランキング4位までのぼり、
上海マスターズでフェデラーと決勝で対戦。
そのあたりのことを、生い立ちなんかを交えながら書いてある。

なかなか、いい言葉がありますな。
「You can't control your level of talent, but you can control your level of effort.」(彼のお父さん)とか、
「If you can win one set, you can win two.」(トッド・マーティン)とか。

なかでも、やすぞうがなるほど〜と思ったのが「getting-better program」。
自分のゴールを高いところに設定する(例えば、グランドスラムで優勝する、とか)よりも、
昨日よりも少しでもうまくなればいいじゃないか、
そして、それを毎日続けていこうと、いうもの。

「お前の問題は頭の中にある!」と、最近言われ続けているやすぞうには、ちいっとばかりじ〜んときたよ。
うん、自分を信じて地道にがんばろう。
(目の黒いうちに何とか・・・)

日本語訳はないけど、小難しいことは書いてないし、
単語もやさしい(やすぞうがほとんど辞書なしで読めた)ので、興味のある方はどうぞ。
posted by やすぞう at 23:13| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54093714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。