2007年04月23日

Down Under〜Blue Mountain付近

シドニーで2泊した後、いよいよロードへ。
都会とはしばしお別れ。

まずは100kmほど西のKatoombaという町をめざす。
このあたりはブルーマウンテンと呼ばれ、世界遺産にも登録されているユーカリの森林地帯。
ユーカリから出る油分で、一帯が青くけむって見えるのでこの名前がついたそうな。

ほんとに青く霞がかかって見えまする。
あたりはユーカリの香りがほんのり漂う。
bluemountain.jpg

ウェントウォースの滝。
waterfall.jpg

このあたりのシンボル、スリーシスターズと呼ばれる奇岩。
一番左の岩の根元まで歩いて行ける。
threesisters.jpg

Katoombaは炭鉱で栄えた町。
といっても、現在はもちろん廃坑されていて、
ブルーマウンテンズ国立公園の観光の拠点になっている。
泊まったのがオープンが1882年という由緒あるホテル。
ボルグやエバートなど往年のテニスプレイヤーたちも滞在したらしく、
彼らの写真とサインがビリヤード室にずらりと飾ってあった。
が、何といっても特筆すべきはその古めかしさ。
かの「シャイニング」をほうふつとさせるものが・・・。
何も出なかったけど。

翌朝、ケーブルカーやトロッコ列車(最大傾斜52度!)で、
大自然を堪能した後、海沿いに戻るべく再びシドニー方面へ。

途中、偶然見つけた「Featherdale Wildlife Park」に立ち寄る。
標識を追って車を走らせると、何てことのない郊外の住宅街。
こんなところにあるの〜?なんて思ってたら、あるんだな、これが。

ブルーマウンテンはシドニーから日帰りのツアーが出来る距離なので、
ここもそのルートにはいっているらしい。
ツアーバスが何台か来てた。

オーストラリアといえばコアラやカンガルーなど、
そこにしかいない動物がたくさんいることで有名。
ムスコもムスメもその愛らしい姿に大喜び。

園内にいたワライカワセミ。
微動だにせず。けっこうでかい。
waraikawasemi.jpg

ハリモグラ。ラグビーボールくらいの大きさ。
つんつんしたトゲは痛そうだけど、ペットにしたいっ。
harimogura.jpg

カンガルーやワラビーは放し飼い。
ヘリコプターの音にびっくりして、みんな立ち上がったけど、
kangaloo 1.jpg

ふだんはこんな感じで弛緩。
エサも満ち足りてるせいか、あまりほしがらない。
kangaloo 2.jpg

そして一番人気のコアラ。
抱っこはできなかったけど、さわらしてもらった。
ふかふかよ〜ん。
係りのお兄さんのウツロな視線が気になる。
koala 1.jpg

寝顔のアップ。いやん、かわい〜。
koala 2.jpg

こいつらは1日20時間、寝ているらしい。
コアラはユーカリの葉しか食べないのは有名だけど、
そのユーカリって栄養価がほとんどないんだそうな。
活動的になるためのエネルギーがつくれないので、
コアラは怠惰に日がなぼ〜っとしているらしい。
もっとも機敏なコアラってコアラじゃないかも。

大股開きで寝ていたウォンバット。
彼らもコアラに負けず劣らず、睡眠時間16時間だそうで。
wonbat.jpg

ほかにもエミュやディンゴ(どう見ても柴犬)、フェアリーペンギンなどがいて、
素朴なつくりではあるものの、予想外に楽しめた動物園だったよ。

posted by やすぞう at 12:28| 香港 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぉ!オーストラリア素晴らしい!
野生動物公園、楽しそうですねぇ。

ワライカワセミって鳴き声を聞いてみたいです!本当に「ケラケラケラ」って鳴きます?
そして、ウォンバットは・・・。
どういう体勢なのか一瞬わかりませんでしたよー。
マル禁のマークが、好奇心をかきたてますな。(笑)
Posted by at 2007年04月23日 22:58
ウォンバットは穴の中に2頭いて、2頭ともあおむけ状態。
手前の大股開きをしている方の、胴のの両端にちんまりついているのが後足なり。
どこの動物園でも起きているのはいなかった・・・。
Posted by やすぞう→和さん at 2007年04月24日 08:01
ワラビーむっちゃ好きでっす^^
いいなあ、、、
ウォンバットはそこいら辺を歩いてるって聞いたんだけど、、、
それもいいなあ、、、^^

ところで、母の日みたいのはそちらでもある?
たぶんあっても時期が違う?

やすぞうさんが一緒に映ってる写真所望^^b
空気がいいのか、テニスが効いてるのか、さらに綺麗になってるもんね?
Posted by ぱせり at 2007年05月15日 21:06
そこいらを歩いている姿は見かけませんでしたが、
道端に変わり果てた姿でころがっているのを、2度見ました。合掌。>ウォンバット

母の日も父の日もありますよ。
Posted by やすぞう→パセリさん at 2007年05月19日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。