2006年11月24日

「調和」ってなんだ?

さすがの香港も朝晩は冷えるようになってきた。
(といっても20℃はあるけど)
テニスをしても汗の出具合がちと違う。
さわやか〜だよん。

日曜はRockapellaというアカペラグループ、火曜はピアノデュオのMicallef-Inanngaと、
立て続けにコンサートに行ってきた。

まずRockapella↓
rockapella.jpg

始まった瞬間に思ったのは「アカペラじゃなくて、パーカッションがはいってるじゃん」だった。
さにあらず。
ドラム担当(?)のジェフ(写真右端)がひとりで口でやっている。驚異〜!
彼のせいで他のアカペラグループとひと味違う印象。
他のメンバーもそれぞれがソロをとっても十分な実力なわけで、
それが重なるとゴージャスでしかも心地よいハーモニー。うっとり・・・。

レパートリーも幅広くオリジナルあり、誰もが知っているヒット曲あり。
やすぞうは「Use Me」や「Stand By Me」あたりでぐっときたぞ。
リーダーのスコット(写真中央)は東京ディズニーランドで歌っていた時期もあるそうで、
「It's A Small World」をレパートリーにするあたり、
よほど愛があるのか、はたまた恨みか・・・。

やすぞうのお気に入りはベースマンのジョージ(写真右から2番目)ですな、やっぱり。
あの低〜く深〜く重〜いヴォーカルにぞくぞく。
あんな声が毎日うちにいたらええなぁ〜。

あっという間の2時間弱。
アンコールの最後はマイクなしの「Unplugged」で。
最後の最後でスコットが歌詞を間違えたらしく、他のメンバーから指をさされてましたが、それもご愛嬌。
楽しかった〜。
彼らのWEBサイトはコチラ

次はMicallef-Inangaピアノデュオ↓
micallefinanga.jpg

ステージの中央に向かい合わせに置かれたグランドピアノ2台。
ピアノごしにアイコンタクトをとりながら、
時には微笑みかけ、時には優しく見守る感じで演奏するふたり。
音がからむってのはあんなのを言うんじゃないか。
こちらがどぎまぎするほど官能的・・・。
何ですか、見てはいけないモノを見てしまった気がする。

美人だけどちっともお高い感じのしないジェニファー・ミカレフと、
タイガー・ウッズにちょっと似ている(きゃわいいんだ、彼が)グレン・イナンガ。
気になる二人の関係だけど、プロフィールにはなんも書いてないし、
ネットでさがしてもわからんかった。
でもイナンガの左薬指のリングは・・・。
94年からずっといっしょにやってきて、なんもないわきゃないわな、
と勝手に都合よく想像するやすぞうであった。
ココでふたりの演奏の様子がちょっとだけ見られるよ。

このふたつのコンサートに感動して、ガラにもなく「調和」とはなんぞやなどと哲学してしまたよ。
どの音が欠けても成り立たないのだな。
リードを取るものの自信、そしてそれを支えるものの自信。
それぞれが自分の役割をきっちり理解して、
プライド(「自尊心」)を持ってこそできあがる世界に私たちは感動するのである。
むかーし、どこかで読んだんだか聞いたんだか記憶が定かではないんだけど、
「Liberty」という英単語を日本語に訳す時、「自らを由(よ)しとする」という意味で「自由」としたんだそう。
(間違ってたらごめんよ〜)
ああ、そうか、「自由」な心を持つものの「自信」が「自尊心」を産み出し、
「調和」を創るのね。

収集がつかなくなりそなので、このへんでやめとくわ〜。
とにかく、自分を含め全てのものを許してあげたくなる気分になったのよ。


banner_01.gif
↑人気blogランキングに参加してます。ぽちっとクリックしてくれたらうれしいな。
【関連する記事】
posted by やすぞう at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。