2010年09月24日

リーグ第1戦

とうとう始まったよん。
今シーズン、うちのディビジョンは11チームあるので、総当りで計10試合。
シーズン自体は先週から始まったのだけど、やすぞうチームはお休みだったんで、今日が初戦。

試合のフォーマットは、チームから2ペア出て、相手チームの2ペアとそれぞれ2セットずつ(普通の6ゲーム先取のセット。もちろんデュースもタイブレもあり)プレイ。
トータルで8セットやって、取ったセット数がそのチームのポイントになる。

経験上、1セットも取れずに負けると、チームのダメージが大きい。
よって、少なくとも確実にポイントを取れるペアを1stペアにして、2ndペアはできるだけがんばれ、というペアリングを考えるのだ。
今日は、日本人のKちゃんとMちゃんを1stにして、私はマダムDと2nd。
1stペアが3〜4セットとってくれると信じていたんで、私らの目標はなんとか2セット。

相手チームとは初顔合わせ。
コートにいたのは、小柄なアジア系のふたり(あとでタイ人とわかる)。
ストレッチなんかしてたら、Mちゃんが「ち、ちょっと、大きい人が来たよ」。
ふりかえると、げげっ。180cmは軽くいってそうな白人さん。
腰が私らの肩の高さ・・・。
その後に来た、彼女のパートナーの白人さんもでかい。
ダベンポート&カプリアティですかい?

まず、私らがでかいペアの相手、KちゃんMちゃんがタイ人ペアと対戦することにする。

1セット目、長身から打ち込まれるサービスを打ちあぐねたのと、こっちが凡ミスを重ね、2-6で落とす。
2セット目は、なぜか向こうが勝手に崩れてくれて、6-1で取る。

となりのKちゃんMちゃんは、思惑通り2セットゲット。
うん、いい感じ。

3セット目のタイ人ペア、はたで見ていたより、かたいんだ、これが。
球威はそれほどじゃないんだけど、確実に入れてくるし、こっちがあけたスペースにうまく落としてくる。
あれよあれよと、0-6でやられちまった。こりゃ、いかん。

私らが、4セット目にはいってすぐ、となりのKちゃんMちゃんが「2つ取ったよぉ〜」と手旗信号。
はあ? 私らの0-6の間に2セット終わったんかい? どんなゲームだったんだ?
(後で聞いたら、白人ペアはばてばてで、ほとんどリターンが返ってこなかったんだって。しかも、仲間われしてたらしい)

そうこうしている間に、私らは3セット目と同じく、ずるずると1-5・・・。
万事休す。
でも、連中が4つ取って、私らが1つ取ってるから負けはもうない。
あとはできるだけ長くコートにいられるようがんばるべと、開き直ったのがよかったのか、その後5ゲーム連取して、6-5にする。
次の向こうのサービスゲームは落としたんで、タイブレ突入。
取ったぜ、7-5で。

こんなん初めて。
いったい何をどうしたのかも、ほとんど覚えてない。
試合終了後、思わずマダムDと抱き合いましたがな。

チームとして、めでたく6-2で勝利。
ものすごく暑かったのだ。青空に入道雲の白さがまぶしかったっけね。
そんな中、みんなよくがんばってくれた。キャプテン、幸せ〜。

来週の金曜は国慶節で休日なんで、試合はなし。
その次の金曜まで、もう少し涼しくなってくれるといいなぁ。





posted by やすぞう at 19:44| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チーム勝利おめでとうございます!
1-5 から挽回はすばらしい! 次戦もがんばってくださいね〜(^-^)/
Posted by Neko at 2010年09月25日 01:40
ありがとう!
奇跡のカムバックは本人たちが一番びっくりしてます。
たまにこういうこともないとね。
Posted by やすぞう→Nekoさん at 2010年09月25日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。