2010年05月24日

フットワーク

最近、アンドリューにやらされるドリルなんだけど、1対1、もしくは1対2で、片方はクロスにしか打っちゃいけない、もう片方はストレートにしか打っちゃいけない。
1対2でやると、体育会系のしごきのごとくきつくて、私なんかスタミナがないから、すぐぜーぜーはーはー。

ダブルスにおいて、ベースラインのはじからはじまで走ってクロスに打ち続けるってことはまずない。
よってこれはシングルススキルなんだけど、身に着けて損はない。

自分がクロスに打つ場合、フォアサイドに走らされたボールは何とかいける。
が、バックサイドに振られると、とたんにあかん。
自分ではクロスに返しているつもりなんだけど、ボールの着地するところは、激しくセンター寄り。

アンドリュー曰く「足が違うからだ」。

フォアの場合はオープンスタンスで打つことが多いんだけど、バック(両手打ち)はセミクローズドで、オープンスタンスを使うのは、ほんとに困ったときだけ。
クローズドで打ってるから、右足がじゃまして、カラダがじゅうぶんに回転できず、クロスに引っぱることができない。
理屈はわかる。が、長年、しみついたクセはなかなか抜けないのだよ。

このドリルを6ヶ月続ければ、もっとボールをコントロールできるようになる、と、アンドリュー。
その前に、死ぬかも・・・。
posted by やすぞう at 19:10| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150944599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。