2010年03月28日

オペラのちLKF、ワルキューレのちWanchai

金曜の夜、だんなとオペラ「The Turn of the Screw」を見に行く。
なんせ、クラシックの知識はあまりない2人である。
事前に、彼はオフィスで、私は家で、Wikipediaで、あらすじチェック。

英語で読んでも、日本語で読んでも理解不能。
チャットでだんなを呼び出し「わかる、これ?」
「いんにゃ、わからん。なんのことやら・・・。」と、だんな。
(興味のある方はコチラをどうぞ。)

なんにしても、あまり楽しいストーリーではなさそう。
音楽は少人数のオーケストラで、コンテンポラリー独特の変拍子、不協和音、メロディがあるんだかないんだか・・・。

第1幕が終わったところで、だんなと顔を見合わせ「う〜む・・・」。
せっかく来たから、最後までがんばろうと2幕めに突入。
(ちなみに、私らの前に座っていた親子、お父さんと10代前半と思われる男の子は、休憩の後、帰ってこなかった)

いや、ストーリーはわかるのよ。
何が不安というか、疑問かというと、「何ゆえにこれをオペラにしたのか?」
見終わっても???のままであった。
ま、たまにはこういう経験も必要ってことで。

その後、香港セブンスの2次会で盛り上がっているであろうLan Kwai Fongで、ちょっと飲んでいこかってことになった。
おなかもすいてたし。

こういう状態だった・・・。

lkf.jpg

東京近辺の日本人にはおなじみの、通勤ラッシュアワーの満員電車状態。
立錐の余地もないってのは、こういうことかと。
どこのバーからも人があふれて、ぐっしゃぐしゃ。
この写真を撮る前に、この中を泳いできたんだけど、だんなに先導してもらわないと進めなかったよ。
ビールもかけられちゃったし。

某クラブでビールを1本だけ飲んで、逃げ帰ってきた。
あの中に入る元気は、もうない・・・。(トシだなあ)

翌日の土曜は、Mariinsky Orchestraのコンサート。
(あ、前日のオペラもMariinskyよ)
前半はワーグナーとチャイコフスキー。
コンテンポラリーに比べると、なんとわかりやすい展開であろう。

休憩をはさんだ後半は「ワルキューレの騎行」として有名なアレ。
ナマでしかも歌付きで聞くのは初めて。
おなじみのメロディで始まると、思わず、だんなと顔を見合わせてにんまり。
8人のワルキューレたちの掛け合い、ブリュンヒルデとジークリンデのソロ、ヴォータンの迫力の低音に、どきどきしちゃった。

最後の最後でヴォータンの声がかすれて出なくなって、別な意味でどきどき。
がんばれ〜、負けるな〜とこぶしを握り締めたのであった。
ラストはなんとかまとめたものの、本人はとても不本意のようで、もう泣きそう。
そういうこともあるさ、人生には。
きっと香港の空気が悪いせいよ。(実際、先週の大気汚染のひどさは尋常ではなかった)

高揚した気分で、Wanchaiへ。
(余談ながら、「ワルキューレの騎行」を聞きながら車の運転をすると、危険回避率が20%も落ちるそうな)
もちろん、セブンスの連中を見に。私らも好きやなあ。

前日のLKFと同じで、バーからはみ出た人、人、人。
あそこに入っていって、飲み物をオーダーする気にはとてもなれない。
メインストリートは、歩くのもたいへん状態だったんで、タクシーを拾うべく、1本裏の通りを抜ける。

LKFはあんまりコスプレはいなかった。
ローマ戦士と赤いモジモジくんくらいで。
ところが、Wanchaiはおもしろいのがいっぱい。

あやしいアラブ人たち。(もちろん、本当のアラブ人ではない)

wanchai 2.jpg

モンキー&バナナちゃん。

wanchai 1.jpg

来年は、チケットが手にはいったら、参加してみたいと思う、だんなと私であった。
posted by やすぞう at 16:01| 香港 | Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハイヨホー!

あれってやっぱり事故を誘発するんですか・・・。
ワーグナーとチャイコは車の中で聞いても大丈夫な曲多いですよね。

香港ナイトライフを満喫されてますね〜。

自分もどっかの猫なんかと一緒じゃなくてだれか麗しい女性(ワルキューレでもいいや)と一緒に行きたかったです。
Posted by バッハ at 2010年03月28日 19:18
ホヨトホー!

大音響で鳴らした場合だそうですが。>危険回避率20%減
試してみます?

ナイトライフを満喫しているのは、私ではなく彼らですがな。
11時になると眠くなるおばさんには、もう無理です。

次回は1人で来て、ワンチャイあたりでワルキューレをひっかけるってのはどう?
Posted by やすぞう→バッハさん at 2010年03月28日 20:26
>>自分もどっかの猫なんかと一緒じゃなくてだれか麗しい女性(ワルキューレでもいいや)と一緒に行きたかったです。

にゃ、にゃにぉーーー!!(怒)
こっちの台詞だーーー!!w


ワルキューレは怖いので、できればステキ女子を狙いたいです。
Posted by Neko at 2010年03月29日 22:07
ふたりとも、とっとと「おひとりさま同好会」抜けなさい。
道は険しい・・・?
Posted by やすぞう→Nekoさん at 2010年03月30日 06:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。