2010年04月27日

脱力系

dog.jpg

うちのマンションのわんこたち。
いつも、お手伝いさんが、4匹いっしょに駐車場で散歩させている。
(あまり歩きたがらないので、敷地から出ない)

たいてい、4匹の目線がいっしょ。
じ〜っと見つめられると、チカラぬけます・・・。
posted by やすぞう at 20:56| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

シーズン終了

先週の金曜で、リーグの全ての試合が終わった。
結果は9チーム中6位。
正直なところ、もう少し上で終わりたかったけど、その時の運もあるし、勝ちたいのはうちだけじゃないしね。
デフォすることもなく、無事にシーズンを乗り切ったことでよしとしよう。

キャプテンとして、何がうれしいといって、チーム内にこれといったトラブルがないこと。
長年、リーグでやっていて、何がいちばん消耗するかというと、オナゴ特有の人間関係のもつれ・・・。
いいかげん、いいトシしたおばさんなんだから、もう少し賢くなってもいいと思うんだけど、やってることは小学生とあまり変わらなかったりして。
テニスをやりたいだけなのに、なにゆえに???という思いはイヤというほど味わってきた。

何度か危機はあったけど、「成せば成る」のだなあ。

来シーズンのチーム登録をそろそろしなきゃいけないんだけど、抜けたい人もいなければ、足りないってわけでもない。
私がこのチームを引き継いで、はじめてなーんの心配もなく継続できる。
ようやく、ここまできたか・・・。キャプテン、冥利につきる。

今日、みんなで打ち上げランチをしたんだけど、キャプテン業務のごほうびとして、またシャンペンをもらったよ。
いやん、毎シーズン期待しちゃうじゃないか〜と言ったら「ちゃんとキャプテンやってくれたら、次も出したる」ってさ。
がんばっちゃうぜ。
posted by やすぞう at 19:06| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

そういえば・・・

こないだ、バンドスのプールサイドで、ビール飲みつつ本を読んでいたときのこと。

かしょんかしょんと、何やら耳に覚えのある音が隣りから。
あ〜、なんだっけ、これ?と思って、何気に起き上がり、ちらりと見ると、そこには・・・・・。







ウォークマン、それもカセットテープ用の。
まだ、あったんだ。

お持ちになっていたおねえちゃんは、ロシア語らしき言語を話されておいででした。
posted by やすぞう at 21:55| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

very japanese

今朝のテニスは霧雨まじり。しかも時おり横風がひどい。

私はエイミーとウォームアップ。
となりのコートでは、ムスメたちがアンドリューのレッスン。
「風が強いときは、足をこまめに動かすんだぞ!」と、アンドリュー。

その後、私は、つい小さいステップをちょこちょとと踏んだらしい。
エイミーがネットの向こうで大爆笑している。
「You're very japanese!」
言われたことを、疑いもせず、すぐやっちまうからだと。むむむ・・・。

こないだのショットを打つとき、声に出してカウントするのも、え〜っとか言いながらもやってるし。

アンドリューがエイミーに「お前ももう少し日本人になれ。コーチが『Jump!』と言ったら、なんと答えるか知ってるか?」
いんにゃ、知らんとエイミー。
「『How high?』だ。な、やすぞう」と、アンドリュー。

アンドリュー、それは違う。『Jump!』と言われたら、あたしゃもうジャンプしてるよ・・・。
・・・爆笑。

ふん、素直で何が悪い?

今朝もカウントしながら打たされたけど、これは声に出すことに意味がある。
頭の中で数えると、スイングにカウントを合わせちゃう。
声に出して、はじめて、カウントにスイングを合わせられる気がするよ。
posted by やすぞう at 18:29| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

ウツボ

マンタが見たいとか、サメが見たいなんて人はたくさんいるけど、ウツボのファンてあんまり聞いたことがない。
あの愛くるしいとは、お世辞にも言い難い風貌のせいか。
にょろにょろとヘビっぽいし、どこにでもいるし・・・。

今回のモルディブでも、潜るたび会った。
しょっちゅう会うのに、つい、カメラをむけてしまうのは、穴から顔を出しているだけで、あんまり泳ぎ回らないので、撮りやすいっていうこともさることながら、何やらかわいらしく思えてきたから。
よく危険だと言われているけど、こっちがなんもしなければ、向こうだって襲ってはこないのよん。

Giant Moray、和名はドクウツボ。
毒があるといっても、シャイなヤツ。
moray 1.jpg

それにしても、いったい何を食べてこんなに肥え太ったんか?
胴回り(?)は私の太ももくらいあるんではないか、と。
moray 2.jpg

ときどき、こういうおっされ〜なのもいる。
moray 3.jpg

moray 4.jpg

moray 5.jpg

moray 6.jpg

たま〜に、泳いでるのを見かける。
どこに行くのかな?


ちなみに、私はウツボにかまれたことがある、モルディブで。

約20年前、初めてモルディブでダイビング。
カレントが速くて、そのへんの岩につかまれ〜と、ガイドから指示があったんで、コーラルじゃない岩をさがして、指3本をひっかけた。
そしたら、ちくっと指先が何かに刺された感じが・・・。
よぉ〜っく見たら、小指ほどの太さの赤ちゃんウツボが怒ってた。
すいません。私の不法侵入や〜。
あのウツボは今も生きてるのかな? (ウツボの寿命ってどのくらい?)






posted by やすぞう at 19:53| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビングもするのだよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

1,2,3,4

今朝はコートの状態が悪かったため、試合は中止。
(もうちょっと待てば、できたんだけどねぇ・・・)

水、木と雨でやっぱりテニスできてないんで、アンドリューに電話して「打ってぇ〜」とお願い。
たまたま、キャンセルがあってそこに入れてもらたよん。

彼に言わせると、私のストロークはスイングは問題ないんだけど、リズムがないんだそうな。
で、やらされたのが「1、2、3、4と声に出して、カウントせい!」
え〜っ。

1でレディポジション、2、3でテイクバック、4でヒット。
飛んでくるボールスピードによって、テンポが変わる。

と、ここまではいい。
何が問題というと、「1、2、3、4」と声に出すのがのぉ〜。
・・・恥ずかしいじゃないか・・・。花のアラフィーになんてこと要求するんじゃ、このオトコは?
まわりに、いっぱいいるんだよぉ。
口の中でもごもごやってたら、「聞こえねぇ〜」と怒鳴られた。

実は似たようなこと、前もあった。
ボレーで、スプリットステップを入れて打つタイミングを教わってたときに「1、2」と声に出してカウントさせられた。
あの時もこっぱずかしかったなあ。でも、やったさ。

もう、ヤケだわさ。
数回大きい声出して、「そうだ、その感じだ」なんて言われたら、もうどうでもよくなった。
やってるうちに、気持ちよくなったりして。
(だんだんよくなる法華の太鼓?)

完成にはほど遠いんだけど、とりあえず、今日の分はOKもらった。
背後霊曰く「やすぞうだけだ、ちゃんと、声に出してカウントできるのは。みんな恥ずかしがってやりゃしねぇ」
・・・それって、ほめてんの?

おばさんになると、恥ずかしいことは少なくなるってことですかね。


posted by やすぞう at 21:19| 香港 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

判断基準

ムスコに、頭が痛いから、クスリを飲んでもいいかと聞かれた。
あまりクスリは飲ませたくないので、どのくらい痛いかと尋ねると「ずきずきする」と。
見たところ、元気そうである。

「コンピュータゲームができないくらい痛かったら、飲んでもいい」と、言ったら「じゃ、いい・・・」と、部屋にもどっていった。
ふんっ。


posted by やすぞう at 20:13| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ワンマンタショー その2

2度目の遭遇は1度目の1週間後。同じポイントにて。

私らのボートが到着すると、すでに先客が。
スノーケリングでマンタくんを見ようというツアーらしい。
30人くらいいたかな。
マンタくんの影も見える。マンタくんが移動すると、スノーケラーもいっせいにそっちへ・・・。

今回は、最初から深度5mほどの浅瀬にエントリー。
しばらくすると、やってきた。
bandos17.jpg

bandos13.jpg

何度見ても美しい。うっとり。


背中を見せているダイバーは、友人夫妻の子どものなおくん。
実はこの前の日に、オープンウォーターの講習が終わったばかり。
近づいてくるマンタくんにびっくりしてるけど、無理もない。
それにしても、はじめてのファンダイブでマンタなんて、ぜいたくだ〜。

上にはスノーケラーがいっぱいで、下にはダイバーがこれまた20人くらい。
ちょっと、マンタくんには気の毒だったかも。落ち着かなくってごめんなさい。
でも、これに懲りず、また遊んでね。
posted by やすぞう at 06:46| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビングもするのだよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

ワンマンタショー その1

今回も会えたよ、マンタ。
場所は、滞在したバンドスからボートで50分ほど(けっこう遠い)のBodu Hishi Reef。
前回はLankan Reefで遭遇したんだけど、シーズンによって、マンタくんの立ち寄る場所が違うのだ。

ポイントに着くと、50mほど向こうの水面に、数枚(なぜかマンタは「枚」で数えたい)のマンタが見える。
きゃーきゃー。

ボートで近づくわけにはいかないので、潮の流れを見て、ガイドさんの指示でエントリー。
とりあえず、22メートル付近まで潜行。

まずはステイングレイ登場。
bandos12.jpg

ウツボがこんにちは。
bandos11.jpg

が、肝心のマンタくんはいずこ?
ずっとこの深度にいられないんで、徐々に10m付近まで浮上。
もうこのまま会えないかも・・・なんて、あきらめかけた頃、ガイドさんが鳴り物を鳴らし、指差す先に、
bandos10.jpg

見えたけど、ちと遠い。でも、こんなもんだろう。
いくら海面で見えたとはいえ、水中で会えるとは限らないのだ。
そのへんはものわかりがいいの、私。

ふと、気配を感じて、右後ろを振り返る。
後ろにいたダイバーのさらにその後ろから、1枚近づいてくる。
さらにもう1枚。
うわ〜、来た〜。

クリーニングステーションと思われる岩の上で、2枚が旋回している。
ああ、なんて優雅なんだろう。

その2枚が去り、いやあ、満足〜、そろそろ浮上かな、なんて、ムスメの方を見ると、彼女の後ろから別のがやってきた。
うっきゃー。いらっしゃーい。
bandos8.jpg

まっすぐ私の方へ・・・
bandos 7.jpg

って、うっそー、ぶつかるぅ〜。ひえ〜っ。
bandos6.jpg

私の真上を頭すれすれに通過して、クリニーングステーションの岩へまっしぐら。
この後は動画でどうぞ。


カメラのセッティングがおかしくて、モノクロになっちまったのは残念。
(直す余裕なんかありゃしない)
岩のてっぺんが深度5メートルくらい。
手前の2人のダイバーはうちのダンナとムスメ。
ダンナなんか頭なでられちゃったし。(いいなあ〜)
これだけ近くても逃げるでもなく、なんだか気泡で遊んでるようにも見える。
時間にしてどれくらいだったのか、覚えてないんだけど、私らが時間切れで浮上しなきゃいけなくなっても、まだ悠々と旋回してた。
ああ、うっとり・・・。

その2につづくのよん。

posted by やすぞう at 18:09| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビングもするのだよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

ただいま〜

昨日の昼過ぎに、モルディブから帰宅。
大したアクシデントもなく、今回もみんなでダイビングを堪能してきたよ。

彼にも会った。
bandos5.jpg

彼も元気だった。
bandos3.jpg

ムスメのバディも健在。
bandos2.jpg

そして、彼女はチークトゥチークの大サービス。
bandos4.jpg

この海、この空。また行くよ〜。
bandos1.jpg

posted by やすぞう at 21:32| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。