2010年02月26日

オトコセリーナ

現在、香港ではHK National Championshipsなるトーナメントが開催中。
優勝者には、ちゃんと賞金もでる(安いけど)公式戦である。

我がコーチたちもたくさん出ている。
昨日は、我が背後霊、アンドリューのシングルスとダブルスのSFがあって、応援に行ってきた。

シングルスの対戦相手は、やっぱりコーチで数年前香港に来た南アフリカ人。
時おりぱらつく雨で2回ほど中断したあげく、タイブレイクで負けてしもた。惜しいっ。

ほとんど、休憩もなくダブルスに突入。
アンドリューのパートナーはいつものエイドリアン。
対戦するは、おめめぱっちりのショーン&赤ひげクマ、ジェイソンのやっぱりコーチペア。
前回、対戦したときはアンドリューたちが負けている。

1セット目、3-6で落とす。
2セット目、アンドリューのサービスゲームをいきなりブレイクされて、早くもピンチ。
アンドリューは3セットをフルに、しかもタイブレを2回戦った後なんで、疲れている?
4-5とリードされ、ショーンのサービスゲーム。
もう後がないっってとこで、ショーンには痛恨のダブルフォルト。
そこにつけこんで、5-5とする。

このへんから、赤ひげクマの様子が目に見えて変わってきた。
彼は気が短いことで有名。
壊したラケットは数知れず。
先日のシングルスでは、何が気に入らなかったのか、試合を放棄してしまった。

なんかブツブツ、文句をたれている。
「あんな大事なところで、ミスするなんて・・・あーだらこーだら・・・」と、Fワードを連発しながら、ショーンに怒ってるんだか、自分に怒ってるんだか。

ゲームの方は、6-6でタイブレイクに突入。
こうなると、キレたヤツは弱い。エラー連発で、2セット目はアンドリューたちがモノにする。

ダブルスは1-1の後、10ポイントタイブレイク。
ジェイソンは完全に頭にきていて、パートナーのショーンもどうにもできない様子。
ミニブレイクされたら、観客席に向かって、ラケットを投げてしまった。ひ〜っ。
誰もいなかったから、よかったものの、万が一、跳ね返って誰かに当たったら危ないじゃいか?!

そして9-6で迎えたマッチポイント。アンドリューのサービスだ。チャ〜ンス! いけいけ〜!
が、ダブルフォルト・・・おいおい・・・。
続く失点で9-9に追いつかれてちゃった。
ここで、ジェイソンのリターンミスで10-9となり、2度目のマッチポイント。

事件はこのとき起こった。
ミスってさらにキレたジェイソンが、壁にラケットを投げつけ、哀れなラケットはひしゃげてしまった。
すかさず、アンパイアが「racket abuse」の警告。
そして、その前に観客席に投げたのにも警告を出していたので、2度目ってことで、1ポイントの失点。
これが、マッチポイントとなって、アンドリューたちが勝ってしまった・・・。

アンドリューたちが「こんな風に終わりたくねぇから、続行させろ」と抗議したものの、アンパイアは聞き入れず。
結局、そのままゲームセット。なんとも後味の悪い試合になってしまった。
(こないだのUSオープンでも、こんなのがあったやねぇ)

それにしても、なんてヤツなんだ? テニスプレイヤーとして、失格だな。
こんなコーチに教わっている子どもたちがかわいそう。
幸い、夜遅かったのもあって、見ていたのは関係者だけだったけど。
ショーンも気の毒。もう別れろ〜っ。

あんまり気持ちのよい勝ち方ではなかったけど、勝ったアンドリュー&エイドリアンは今夜、決勝戦。
口直しに、きっちりフェアなテニスを見せてもらいたいものだわ。

posted by やすぞう at 07:52| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

2回戦でしたよ

え〜と、瞬殺でした。
2セットマッチ、06 06 試合時間40分くらいですかね。

相手はAnneとJoyの白人ペア。
Anneの方は、WTAの最高ランキングが、シングルス179位、ダブルス116位という(約20年前だけど)元プロ。
FED Cupの香港代表でもあった。
Joyの方もITFのシニアの大会に出るようなお方。

はっきり言って、私ごときが対戦するような人たちじゃないのよ。
ショットの質があまりにも違って、笑いが止まらなかった。

何をどうこうするといったレベルではないんで、ふだんどおりに、プレイすることを心がけたよ。
不思議とあがらなかったしね。
結果、全部で取ったポイントが10個くらい。(相手のダボ3つ含む)
ポーチで取った1ポイント、ラリーで取った1ポイントは今夜の勲章だい。

テニスを始めて丸10年、元プロと公式戦で対戦できる日がこようとは・・・。
やっててよかったわぁ。
posted by やすぞう at 00:31| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

リーグ第2戦

1週間前のことゆえ、記憶が・・・。
でも、ぬかすと気持ち悪いから、ボケ防止のためにもがんばって思い出そう!

対戦相手はチームL。
前のシーズンはうちと同点5位。
とりたててうまいプレイヤーはいないけど、平均的にポイントを取っている。
うちみたいなもんかね。

私のパートナーはMちゃん。
彼女は未だに手首のリハビリ中なんだけど、この日、どうしても人が足りなくて、これ1回だけって拝み倒して出てもらった。
彼女にとっては、約1年ぶりの試合。
リラックスしてプレイを楽しんで、そして勝てたら・・・。
もう一組は第1戦と同じくキャロラインとKちゃん。

チームLはマダムLとH嬢、マダムCとマダムLYというペア。

私らはまずマダムL&H嬢ペアと対戦。
H嬢はここのチームのキャプテンのお嬢さんで、ぴちぴちの23歳。
学生でもなく仕事するでもなく、テニスしているらしい。
ばっこんばっこん打ち込んでくるタイプ。(若いっていいなあ)
マダムLと対戦するのは何度目になるんかな。
私の中ではベスト(ワースト?)3にはいるク×球の使い手。
このふたりの組み合わせは、やりにくいかも・・・という予想が見事にあたって、攻めあぐねてしまった。
3-6、3-6で2セットとも落とす。

敗因は、まず、H嬢のビッグサーブが攻略できなかったこと。
リターンが返らなければ、話にならん。
返しても中途半端にあがったロブを、マダムLに殺されておしまいってパターンから、抜けられず。
何かを変えなければとは思ったんだけど、その時はなんもアイディアが浮かばなかった。
後で、ようこさんにツーバックを試してみればよかったのにと言われ、あ〜、そっか〜。

キャロライン&Kちゃんペアは、3-6、6-3で1勝1敗。
あんたたちだったら、彼女たちから2セット取れると背中を叩かれて臨む。

マダムCは正統派のテニスをする人。
一方のマダムLYは・・・なんだかよくわからない。
フタをあけてみたら、1セット目はさくさくっと1-6で〇。
マダムCってもっとキレのあるプレイをするはずなんだけど、なんだかやたらミスが多い。
ペアリングがあんまりうまくいってないみたいに見える。
ならば、こっちはこのまま押せ押せ〜!
ちょっと手こずったけど、3-6で〇。ほっ・・・。

ふと隣りのコートを見ると、向こうのペアがボールをネットに引っ掛けて、両者ネットに歩み寄り・・・。
おお、少なくとも1セット取ってくれた〜。やるなぁ。
聞くと、1-6、6-4で1勝1敗。
ということは、4-4で引き分け。うん、上出来。

あとでKちゃんに、マダムL&H嬢にどうやって勝ったんだ?って聞いたら「たぶんねー、最後は疲れたんだと思うよ。ダブルフォルトもいっぱいしてくれたし」ですて。
では、私らも少しは貢献したってことかな。

順位は2戦終わって、9チーム中7位。トップとの差は4ポイント。
うちはいつもスロースターターなんで、ここからじわじわと調子をあげていって、最終的にはベスト3に入ればいいかなと思ってる。

この日、午後に日本に飛ばなきゃいけなかったんで、時間を気にしてたんだけど、めずらしく12時前に全部終了。
場合によっては、コートから空港直行かと思ってたけど、家に帰って、シャワーする時間もあったよ。
めでたしめでたし。
posted by やすぞう at 08:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

試合でしたよ

金曜に日本から帰ってきて、昨日はオフで、今朝からコート復帰。(back to officeとも言う)
午後にエイミーと組んで試合があるんで、ちょっとでも打っておかにゃあかんやろ。

エイミーといっしょに7時開始。
30分遅れてアーサー登場。3人で、いつものようになごやかにラリー。
先週、なーんにもしなかった割には動けてるかもと、ほっとする。
8時にチャールズが加わって、4人でアンドリューレッスン。
が、アンドリューが9時に自分のシングルスの試合があるから、30分だけ〜。
エイミーも用事があるとかで、残り30分を3人で打って、9時にあがり、私はアンドリューの試合を見に会場のヴィクトリアパークへ。

アンドリューは、ビッグサーブとヒュージフォアハンドの若者を2-1でくだし、その時点で11時。
彼はダブルスもあって、11時半の予定だったんで、そのままそのへんでうだうだしてたら、エイミーが用事をすませてやってきた。
アンドリューのダブルスマッチは絶対12時過ぎるってんで、3人でランチへ。
(アンドリューがおごってくれたよ)

会場に戻ったのが12半。未だコールなし。ちゅーことは1時間の遅れ。
エイミーと私の試合は、彼らの次の次の枠だから、さらに遅くなるぅ・・・。
アンドリューといっしょにすわって話してたら、知り合いの日本人が通りかかって「ご主人?」と聞かれた。
「違うけど、似たようなもの」と答える。(だんなの次に長い時間いっしょにいるオトコだし)
1時半過ぎても、彼らはコールがなく、しかも相手が来てないじゃんか?!
結局、2時間以上待って、不戦勝。もっと早くに言えよ!

3時過ぎるのを覚悟してたら、2時少し過ぎにコール。
気温20度くらい、無風で曇り。最高のテニス日和じゃん。
あとは楽しめ!

コイントスでサービスを取ったあと、5分間のアップ。
私と打った人は、相手にアップさせてくれないタイプで、やたらめったら打ち込んでくるし、ボレーはどつめ。
キライだ、こういうヤツ。

1セット目、すごくきれいなフォームで、フラット系の速いショットなのに、ボールが全部短いので、こっちは楽に前に出られる。
(へろへろでもいいから、深いボール!)
ポーチに出るわけでもない。ロブがうまいわけでもない。
3-0とリードしたところで、ふだんどおりのことをしていれば、いけると判断。
6-1で〇。(チャンスボールを3回もふかしてしまったのは、とても哀しい・・・)

2セット目も同じ作戦で。よけいなことはしない。平常心平常心。
6-2で勝った。しかも、マッチポイントは私のスマッシュで。
10年やってるけど、自分のスマッシュで終わらせたのは初めてかも。
(オーバーヘッド、苦手ですねん)
気持ちいいもんだねぇ〜。

試合後、アンドリューに戦勝報告。
返事が「Great!」。少ししたら「are u sure?」 信用せんかいっ。

2回戦は明日の夜。
オープンカテゴリーって、いきなりすんごいのが出て来るんだよなぁ。
がんばれ、自分!
posted by やすぞう at 18:46| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

きりっ

最愛のわんこ、小太郎。
じじばばの健康管理担当。

kotaro.jpg
posted by やすぞう at 00:26| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

里帰り

我が実家のあたりは、豪雪地帯ではないものの、やっぱり雪は多い。
庭先に、やすぞう父が雪かきして作った雪山が出現。
香港育ちの孫に遊ばせたくて、盛り上げたらしい。

hirosaki 3.jpg

ムスコはさっそく穴を掘る。かまくら?
じいちゃん、がんばったかいがあったね。

hirosaki 2.jpg

歩道なんかもこんな感じ。

hirosaki 1.jpg

一応、ウォータープルーフのくつをはいていったんだけど、なんせ香港仕様。
すべってちっとも役にたちゃしない。
やはり、寒冷地仕様の「長けり」さ!

boots.jpg



posted by やすぞう at 19:46| 香港 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ばたばた

香港は、あさってから旧正月休みに突入。
うちの子たちが通っているようなインターナショナルスクールは1週間だけど、ローカルスクールは今週頭からすでに休みに入っているらしい。

なんとなく、気がせいているのは、まず、ムスメが今夜の便で学校のスキートリップに出発。
スイスですて。(ぜいたくである。私が行きたい)

で、私とムスコは明日の午後4時半の便で日本へ・・・試合後に。

リーグの試合は9時半スタートで、4セットやって、ふつうは1時前には終わる。
それから、ホームチームがランチを提供して、2時半ごろにおひらきとなる。

2時間前までに、セントラルでチェックインしてしまえば、飛行機には乗れるので、家に遅くとも2時までには帰っていたい。
ということは、試合はなんとしてでも、1時半までにカタをつけないと。

だいじょうぶとは思うけど、のんびりとランチなんかしているひまはないので、先方には事情を話して、かんべんしてもらった。
(明日はうちのホームゲームなの)
試合後のキャプテンのペーパーワークは、誰かに代行してもらって、と。

最悪、汗臭いテニスウェアのままで、空港に駆け込んでもいい。
願わくば、勝ち星をあげて飛びたいわぁ〜。
posted by やすぞう at 19:10| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

いっしょじゃ〜ん

だんなはドイツ人である。

日本語で「うさぎ」は「うさぎ」。大きかろうが、小さかろうが。
ところが、ドイツ語でうさぎは2種類。「Hase(ハーゼ)」と「Kaninchen(カニンヒェン)」。
だんな曰く、「Haseは耳が長く大きい動物。KaninchenはHaseに似ているけど、耳がもっと短くて小さい。全然、別の動物だ!」そう。

"Hase und Kaninchen"参照。

左がHaseで右がKaninchen。どっちもうさぎじゃないか。
(このサイトでも「混同されることが多いけど、こんなに違う!」みたいなことを言ってるけど)

同じく、リス。
英語で「squirrel」と「chipmunk」は別もんらしい。
エゾリスはsquirrelだけど、シマリスは「chipmunk」。
・・・どっちもリスだと思うが。

文化の違いはおもしろい。
が、私にはうさぎはうさぎで、リスはリスでしかない。

では、絶対、いっしょにしてはいけないと思うもの。
それは、ヤギと羊。

何年か前の未年のとき、香港の正月ディスプレイに、羊はもちろんいたんだけど、ヤギも大量に混じっていた。
香港人の友人に言わせると、「あら、同じ動物でしょ」。
ぜ〜ったい、違う!

posted by やすぞう at 21:00| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

麻婆豆腐

mabo.jpg

子どもたちが大好きな麻婆豆腐。
これだけは、市販のソースを使わずに、ちゃんと自分で作るのだ。
(前にレトルトのソースを使ったら、ヤツらに激しく却下された)
うちは麻婆飯にて食す。

レシピは山本麗子さんの「101の幸福なレシピ」を、ちょっとだけアレンジ。

余談:本のレシピでは豆鼓を使っているんだけど、私は甜麺醤を。
その、甜麺醤が、香港のローカルスーパーに見つからない。(麻婆豆腐のソースはあるんだけど。探せないだけ?)
結局、日系のスーパーで、日本向けのものを見つけてそれを使っている次第。


posted by やすぞう at 20:03| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

リーグ第1戦

対戦したのは、チームDB。
フェリーに乗って、はるばるランタオ島まで遠征。
25分くらいで着くんだけど、この時期、朝は霧が出たりすると、フェリーが速度をおとして1時間くらいかかっちゃうこともある。
9時にアップを開始したいってんで、余裕をみて8時発に乗ったら、予定通り着いちゃった。
早過ぎたねぇ、みんな、すまぬのぉ。
ま、遅れてばたばたするよりいいってことで。

この日の私のパートナーはレフティのキャサリン。
今シーズンも引き続き、ゲストで手伝ってもらうことに。
もうひとつのペアは、前のシーズンの後半からうちに入ってくれたキャロラインと、産休明けで今シーズンから現場復帰のKちゃん。

最初の対戦ペアは、マダムSとマダムJ。
マダムSとは毎シーズン対戦してるんで、芸風はよく知っているけど、マダムJは初顔だな〜なんて思ってたら、昔、対戦したことあるそうな。
記憶にない・・・。う〜。

1セット目は、難なく6-3で〇。
が、落とし穴は2セット目にあった。
1ゲーム目の私のサービスゲームを凡ミス連発で落とす。
これが後々まで響くのだ。

私とキャサリンはリードしているときはいいんだけど、リードされると、とたんにミスが出始める。
決め急いじゃうんだな。
じっくりあせらず、ふだんどおりのことをしていれば、勝てない相手じゃないのに。

その後、キャサリンのサービスもブレイクされて、2-5になって、ねばって4-5まで追いつたものの、ちょっと遅かった。
結局、4-6で×。

隣りのキャロライン&Kちゃんペアは2つとも落としている。
勝つのは厳しいけれど、1つでも多くポイントは取っておきたいと臨んだ後半。

対戦ペアは、チームDBのキャプテン、マダムMとマダムK。
マダムMとは過去2回対戦していて、2回とも楽勝だった。
こっちが何にもしなくても、向こうが勝手にミスしてくれて、負け方としては最低だったろうと思う。
(で、2回とも、彼女はコート上で泣いてしまった・・・)

ところが、始まってみたら、まるで別人。
思い切りのいいストロークが、アングルにびしびし決まる。どうしちゃったの、彼女?
パートナーのマダムKの方は、彼女のサービスフォームを見たとたん、思い出した。
不思議なヒッティングフォームで、どこに飛んでくるかわからなくて、私の1,5倍はあるカラダなのに、けっこう走って拾いまくる・・・。

あれよあれよと翻弄されて、2-6で×。
いかんよ、いかん。次は何か対策を講じないと。
キャサリンと話して、ロブを使って走らせて、相手のフォーメーションを崩そうとした。
策は悪くなかったと思うんだ。
ただ、やっぱり、攻め急いでしまい、結局向こうにチャンスをあげちゃった。
5-7で負け。くすん。

キャロライン&Kちゃんペアが1セットとってくれたんで、チームとしては2-6。
初戦を勝利で飾ることはできんかった。

打ち急いでいる、決め急いでいるってのは、試合の最中に気がついていた。
でも、具体的にどうしたらいいのか、浮かばなくて「Don't rush to
hit!」って、そればっか。
なんだか、そのことがずっと気になって。

以下、自分のための覚え書き。

私たちのミスは全部サービスライン付近で起こっている。
ということは、アプローチショットが不十分だったから、相手にいいように足元に落とされているんではないか。
アンドリューに耳タコになるくらい言われてるんだけど「どんなに速いボールでも、相手のサービスライン付近でバウンドするアプローチショットは意味がねえ。ゆるくても深くなきゃいかん」なのである。
だったら、もう1ショット、ベースラインで待って、次のショットできっちり作ってから、前に出れば・・・。

それから、ロブで攻めたのは悪くなかった。
ところが、マダムKはロブを全部ベースラインの後ろから、グラウンドスマッシュのカタチでリターンしてきた。
私は、自分でロブを打ったら、サービスラインに出るというクセがついちゃっている。
(これは、アンドリューの教え)
マダムKのグラウンドスマッシュの着地点はほとんどサービスライン、私らの足元ですがな。
これも、ロブを打った後、1ショット、ベースラインで待ってからでもよかった。

はぁああああ〜。
セオリーはセオリーだけど、例外は絶対あるじゃないか。
開かずの引き出しがまだいっぱいあるなぁ。

・・・次につなげよう。がんば!

posted by やすぞう at 21:16| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

踏んでいけ

テニスをしてると、ブログネタには事欠かない。
ときどき、ネタをつくるためにテニスしてる気も・・・?

今週末はリーグは始まるわ、別トーナメントもあるわで、テニスどっぷり。
今日は、全部で6セットもマジに試合してしまい、アドレナリン出っぱなし。

まずは、記憶の新しい方からアップ。

abi.jpg

この2人のかわいいおじょうちゃんたちが今夜の対戦ペア。
たぶん2人とも12歳くらいかな。
香港のジュニアナショナルチームの子たち。

あのちっさいカラダのどこにあのパワーがあるんだろって感じのショットが、びゅんびゅん飛んできて、こっちは返すのがやっと。
ベースラインでストロークラリーなんか、自殺行為なので、ロブやショートボールを使って、フォーメーションを崩そうとしたんだけど、ヤツらは若い。
走れるのだ・・・。

1セット目はけっこうねばって4-6。
が、2セット目はチャンスをくれなかったよ。0-6・・・。

いやあ、でも楽しかった。
これからぐんぐん伸びていく彼女たちの踏み台に喜んでなるぞ。
また、おばさんと遊んでね。
posted by やすぞう at 23:10| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケガの功名

今夜、だんなとコンサートに行く予定であった。
ところが、昨日勝ってしまったため、今夜も試合になっちゃった。
よって、コンサートはパス。(優先順位は・・・ねぇ)

普通であれば、そのコンサートチケットは払い戻しができないので、捨てることになるのだけど、HK Art Festivalってのが開催されていて、その中のものについては、特別にブースが設けられていて、再販売の仲介をしてくれる。

午後、そこへ行って再販の以来をすると、ブースのおねえちゃんが「今日じゃありませんよ」。
はあ・・・?
今夜のだともう遅いってこと?
聞き返すと「だから、このコンサートは今日じゃなくて、3月5日ですけど」。

あら、ほんとだ。
だったら、行けるじゃ〜ん。すいません、どうもありがとうと帰ってきた。

スケジュールは全部PCに入力して管理してるんだけど、こりゃ、私の入力ミスだわねぇ。
もし、昨日負けてて、予定通りコンサートに行ってたら、だんなとふたり会場で???ってことになっていた。
おほほ〜。

concert.jpg
posted by やすぞう at 18:55| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれっと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

白星スタート

HK National Tennis Championshipsという、香港の数少ない公式戦が開催されている。
私は日曜パートナーのエイミーと組んで、2つのダブルスカテゴリーにエントリー。
ひとつは「Women's Doubles Open」で、文字通り誰でもエントリーできる。プロでさえ・・・。
もうひとつは「Women's Doubles B」。詳しいことは知らないのだが、香港でAランクのプレイヤーは参加できない。

今日は「B」の初戦。といっても、1回戦が、不戦勝だったので2回戦になる。
「B」といっても、年齢制限がないので、がしがし打ち込んでくるジュニアとなんか当たったひにゃ・・・。

対戦ペアはそのジュニアと聞いていた。
が、実際は1人は15〜6歳だけど、もう1人はたぶん30代後半?
(うちのエイミーよりトシくって見えたよ)
どういう関係であろう? 親子?

アップは5分。
私は若い方と打ったんだけど、ぐりぐりスピンの剛速球をばこばこ打ってくるんで、アップにならず。
数年前だったら、これでびびってたんだけど、少しは学習したかも。
来るなら、来〜い。

私のサービスからスタートだったんだけど、アップがちゃんとできてないってのもあったし、今年初の試合ってんで、あがってた?
いきなり、ブレイクされる・・・。あちゃ〜。

ところが、向こうは私ら以上にあがっていた。
ブレイクバックで1-1。

若い方はハードヒッターだけど、ミスが多いから、打たせてやれ。
年上の方は、おばさんテニスだから、やっぱり打たせてやれ。
2人ともポーチに出てくるタイプじゃないから、こっちがネットで動けば、かく乱できる。
ミスを恐れるでない。行け行け〜!と、方針をたてる。

確かに、ミスは恐れなかった、エイミーも私も。
結果、2人して信じられないような凡ミス連発。
でも、ネットでかく乱ちゅーのが有効だったようで、向こうがどこへ打てばいいのかわからなくなったってのが、見てとれた。
そこにつけこんで、1セット目は6-3で〇。

正直な話、ちゃんと打ってないよ、私ら2人とも。
ぜーんぶ、向こうのミス。笑うしかないほど、低レベルなゲームであった。
アンドリューが見たら、悶死するな、きっと。

どんなカタチにせよ、1セット目を取ったことは大きい。
エイミーも私もリラックスできている。
気持ち的にはこの調子で、内容的にはもう少しマシにと、2セット目にのぞむ。

私らの方針は変わらず、積極的にポーチに出る。もちろん、フェイクもする。
5本のうち3本ポーチできめられたら、しめたもの。
向こうはボレーヤーを避けようとして、ロブやワイドに打ってくるけど、結局それがフリーポイントにつながった。
終始、こっちのペースで運んで6-1で快勝。

しょうもないショットばっかりだったんだけど、よかったなのは、2人で最初から最後までプランを立ててプレイできたってこと。
そりゃ、失敗もあったけど、ポジティブでいられたのはそのせいだったと思うんだ。
ちっとは自信になったかな。

次の試合は明日の夜7時。
実は、明日からリーグも始まって、私は午前中4セットプレイしなきゃいかん。
カラダもつだろうか・・・。がんばれ、自分。
posted by やすぞう at 23:39| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手練手管

最近、アンドリューは、私にセットアップのバリエーションを増やさせようとしている。
意図はわかる、痛いほど・・・。

いきあたりばったりではアレなので、相手を前後に動かして、チャンスボールをつくり、最終的に自分がパートナーがネットにつめて決めるってのが、現在のお題。

相手を前後に動かすためには、自分が深いボール、ショートボールを自由に打ち分けられなきゃいけないわけでさ。
練習では、たとえば、3ショット目に相手のフォアサイドにショートボールを、なんて、条件付ドリルをやっている。

頭で「2ショット、深く打って、次でショート」なんて考えた時点で、すでにプレッシャー・・・。
1ショット、1ショットはたいしたことじゃないのに、連続技になると、とたんに崩れる私。
ひとつ、ありゃりゃなボールがあると、次が続かない。
泣きたくなっちゃったよ。

「女郎はな、客に思ったとおりのことを言わせることができるんじゃ。それを手練手管と言うんじゃ」というのは、安野モヨコ「さくらん」の粧ひ花魁のセリフ。
セットアップ=手練手管であるのだな。

まだ、策におぼれてあっぷあっぷ・・・はあ〜。
posted by やすぞう at 07:17| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

ばればれ

昨日のチームコーチングでのこと。

「プランをもってプレイしろ」との、アンドリューの方針で、試合形式ではサインプレーをしている。
グーで「ステイ」、パーで「ポーチ」。
ただそれだけだけど・・・。

これで、今日の最後のポイントって場面。
サーバーはダイアナ、私がパートナー。対するはケリー(レシーバー)とキャロライン。
私はグーを出して、レディポジションに。

そこで、ネットポストのところにいたアンドリューが「何のサイン出した? コレ(グー)か、それともコレ(パー)か?」
グーだと言うと「いんにゃ、オレとしては絶対コレ(パー)でいってほしい。それでいけっ!」
あのお、サインこそ見せてないけど、そんなでかい声で言わないでよ。
ケリーにばればれやんか〜。

「私はどっちの言うことを聞くべきなの〜?」と、後ろでダイアナが困っている。
「コーチだ、コーチに決まってる!」と、怒鳴るアンドリュー。
しょうがねえなあ、ったく。

結果、笑いすぎてダイアナのサーブにチカラが入らず、へろへろ〜っと、それでもとりあえずイン。
ストレートに打ち込もうとしたケリーが、へろへろにタイミングを崩されて、前におっとっと。
出したラケットにボールが当たって、これもとりあえずネットは越えたものの、ポーチに出るタイミングを全く逃してしまった私の目の前にぽとり。
向こうのセンターのオープンスペースにへろへろっと返してゲームセット。

こういう練習をしている私たちは強くなれるのか?!
おもしろいけど。

posted by やすぞう at 08:15| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスだな、きっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。